マンチェスター日和

イギリス・マンチェスターでの生活の様子、現地の情報などをアップしています。

バルセロナで夏休み(2日目・その1)

2日目はガイドツアーに参加してバルセロナ市内を離れてMontserrat(モンセラート、モンセラット)へ行ってきました。

f:id:manchester-days:20190901033237j:plain

朝、カタルーニャ広場付近のハードロックカフェ前を出発し大型のバスでモンセラートへ向かいました。いくつかのツアーが同じバスをに乗車したり、都度バスが入れ替わったりと、ちょっと落ち着かない感じはありましたがツアー全体としては悪くなかったと思います。現地発着のガイドツアーを結構利用していますが、やっぱりバン・小型バスでドライバー兼ガイドの方が案内してくれる10人くらいのガイドツアーがベストですね。

ガイドツアーのいいところは何も考えなくてもとりあえず集合場所に行けば連れて行ってくれること、道中でガイドさんの解説が聞けることではないでしょうか?

ガイドさんによればバルセロナには重大な転機が何回かあったそうで、もっとも最近の出来事がバルセロナ・オリンピックだそうです。街の再開発が進んだり、観光客が増加するきっかけになったりと、よその人からしたらあまり意識しないかもしれないですが、やはり地元には色々と大きな影響を残すんですね。

旅行とは関係ありませんが、バルセロナオリンピックが開催されたのは1992年、もう四半世紀も前なんですね!印象に残っているのはやっぱり競泳の岩崎恭子さんですかね。それとYAWARA!!もちろんリアルな方(田村亮子さん)もそうですが漫画の方、こちらも目指していたのはバルセロナオリンピック!!そして国民栄誉賞、じゃ。

モンセラート

話戻って、モンセラートです。特徴的な形状の岩山と修道院があります。

f:id:manchester-days:20190901033250j:plain

f:id:manchester-days:20190901033322j:plain

よく見ると正面の祭壇に人が見えます(心霊写真とかではありません)。ここにある黒いマリア像を触ることができ、そのツアーの人たちです。お土産物屋さんでレプリカの像を売っていたりします。

f:id:manchester-days:20190901033335j:plain

f:id:manchester-days:20190901033345j:plain

さらに上の方まで行く電車(?)もあったのですが、行列ができていてツアーの出発時間に間に合わなくなりそうだったので諦めました。行きたい人は予め考慮に入れておいた方がよさそうです。

ワイナリー

モンセラートを後にして、ワイナリー(Oller del Mas Winery)に向かいました。由緒正しいお家柄なのだとか。生産量が少ないので外にはあまり出回っていないけれど有機栽培のブドウを使ったワインを作っているとのことでした。

 ワイン畑の向こうにはワイナリーとモンセラートが見えます。バスの中からとっさに撮った一枚です。

f:id:manchester-days:20190901051504j:plain

 結婚式も行えるとのことでした。写真で見ると雲一つない青空のとても素敵な景色ですが、屋外は日差しが強すぎて実は辛い。式は夕方からですかね。

f:id:manchester-days:20190901053149j:plain

ワインセラーを改装した趣のある部屋でワインの試飲と軽食(タパス)を楽しみました。

f:id:manchester-days:20190901053253j:plain

試飲したワインのうちの一つ(白ワイン)。他に赤を2本試飲しました。

f:id:manchester-days:20190901053317j:plain

タパスが付いてきます。他にフレッシュトマトのソースとブレッドもありました。しっかりとした料理を食べながらのワイン試飲というコースもありましたが、これで十分ですね。

f:id:manchester-days:20190901053334j:plain

最新式の樽とのこと。圧力を調整するらしいです。

f:id:manchester-days:20190901053401j:plain

もちろん普通の樽も

f:id:manchester-days:20190901053515j:plain

コルクの木(の皮)です。これがコルク栓になります。

f:id:manchester-days:20190901053530j:plain

 2日目の後半へつづく