マンチェスター日和

イギリス・マンチェスターでの生活の様子、現地の情報などをアップしています。

プレミアリーグ観戦@エティハドスタジアム

マンチェスター・シティのホーム最終戦を観戦してきました。対戦相手はレスター・シティ退団を表明した岡崎慎司選手もいるかな?と思ったけど残念ながら不在。
 
Jリーグの試合も見に行ったことがなかったので比べてどうかはわかりませんが、とても雰囲気があって観戦を満喫できました。
イングランドのスタジアムと言えば、フーリガンが発煙筒を持って(ヤバい!)、というイメージもあるかもしれませんが、今は全然そんな感じではなかったです。老若男女みんなが楽しみる空間になってきている様です。
 
日本から観光で行く人、初めて行く人の参考になる様に、1回だけですが行った際の情報をまとめてみました。
 

f:id:manchester-days:20190610125556j:plain

チケットの入手:チケットは公式サイトから購入しました。試合日の1週間くらい前だったと思います。さすがに無いよねーと思いながら見てみたら、たまたま1席空いていたのでそのまま予約しました。直前キャンセルなどもあるのかもしれません。購入後はE-mailでチケットが送られてきました。時間があれば郵送も可能なようですがいかんせん直前なので選択の余地はありませんでした。チケットは携帯アプリなどではなく印刷をして持っていく必要がありました。家にプリンターが無くて困ったのですが、印刷ができるお店を探して印刷をしました。
 
スタジアムへのアクセス:自宅からMetrolink(Tram)で行きました。市内中心からだとPicadilly Gardenから4駅目のEtihad Campusが最寄り駅となりますます。歩けない距離ではありませんがちょっと遠いです。帰りは歩いている人もたくさんいましたが(距離的にも電車の便的にも)、素直に電車の方が無難だと思います。みんな歩いているので一緒に歩いていけば大丈夫とは思いますが、あまり治安がよろしくなさそうなところを歩くことにもなります。
ちなみにこのMetrolink、普段は改札口も車内改札も無く、みんなちゃんと払っているの?(自分だけ損してる?)と思いながら乗っていますが、試合後の乗車口にはしっかりと改札があって、切符を持っていないと乗車できません!!
乗車までどれだけ待つのかちょっと心配にでしたが、そんなに待たずに(15分くらい?)で乗れました(席を立ったのは試合終了後、選手らがフィールドを一周し終わったころで、特に早めに出たり、遅めに出たりということはしていません)。
 
席:今回はそこしか空いて無かったので選択の余地がありませんでしたが、ゴール裏の前から3列目というピッチまで目と鼻の先というところで観戦をしました。

私が観戦したエリアはFamiry zoneとなっており、家族ずれや地元のサッカークラブの子どもたち(?)のグループ(引率者有)なども多く、もっと強面のシチズンに囲まれての観戦を覚悟していたのでちょっと拍子抜け。もしゴール裏付近を取られる場合はどちらサイドかを確認された方がいいかもしれません。

f:id:manchester-days:20190610125450j:plain

選手の到着:試合開始の2時間くらい前についてうろうろしていました(早すぎ!冬なら凍えている)。選手は駅から向かって右側(私の座ったFamily zoneとは逆側)からスタジアム入りします。何も知らなかったのですが人が集まっていたので私も何となく待っていると試合開始30分くらい前?ホームのシティの選手たちがバスで到着、順々にスタジアムへ入って行きました。

 
食べ物・飲み物:スタジアムの外/内ともに売店があり、簡単な食事や飲み物を買うことができます。ただ食べ物はハンバーガーやホットドッグ、チップス(フライドポテト)などしかなかったと思います。また、スタジアムの外ではアルコールの販売エリアが限られていてそこでしか購入できないようでした(スタジアム内では購入可能)。スタジアム内の売店はハーフタイム終了とともに店じまいをしていました(野球などと違って試合中はほとんど売れないのでしょう)。
トイレが心配ビールなども我慢していたのですが、トイレは意外混んでなく、長蛇の列になるということはありませんでした(女性用はわかりませんが、外まで並んでいるといった様子は見かけませんでした)。45分間我慢できる程度には飲んでも大丈夫かと思います。
f:id:manchester-days:20190610125142j:plain